教育訓練講座の概要

2009年「リーマン・ショック」がおこった結果、システム開発への投資が激減し、多数の中小IT企業で余剰人員が発生する状況となりました。

そのような中、未経験既卒社員を雇用して技術者として育ててきた実績を持つフロイデは、いち早く中小企業緊急雇用安定助成金対象企業向けの技術教育訓練講座を開発し、他社に先んじて展開してまいりました。

あれから3年、景気が漸く上向いてきた今こそ、本当に必要とされる”技術者教育”をご提案したいと考え、フロイデは、かつての技術者教育で得ることができた実績や課題をもとに、必要とされる技術者を”サービスをデザインできる人材”と定義し、「教育訓練講座」を開発しました。


ページの先頭へ戻る